肝機能異常を指摘された方へ

プラーカ中村クリニックは、肝硬度測定のできるエコー(超音波)を導入しています。

肝硬度測定エコーでは、硬さを数値で評価することができ、ご自身の肝臓の状態を客観的に自覚することができます。数値を知ることで、体重減量や禁酒節酒などの生活習慣改善に積極的に取り組む方も多く、非常に有用と考えています。

肝臓は沈黙の臓器

肝臓は、沈黙の臓器と言われています。

その理由は、病変が進行して手が付けられない状態

にならないとなかなか症状が出てこないからです。

怖い病気としては、肝硬変から発生する「肝不全」や「肝細胞癌」、ほかには転移性肝癌、

自己免疫疾患などがあります。


これらの中の多くは、

① 肝臓に炎症が起きる(脂肪肝、飲酒、ウイルス、自己免疫、などが原因)

② 肝臓が堅くなっていく(線維化)

③ 肝硬変に至る

というステップを踏み、後者になればなるほどリスクが上がってきますので、【肝臓が堅くなっていないか】を把握することがとても重要となってきます。



こんな方は要注意です

<肝機能異常を指摘された方>

<肝炎ウイルスや脂肪肝を指摘された方>

<飲酒習慣のある方>


これらのかたは、肝炎から始まる①→③を起こしている可能性があります。

ですから、原因はなんなのか、肝炎は起きているのか、線維化は進んでいないのか、を精査することをお勧めします。